建設会社の名前だけで信頼性を図ることは

1405283024

マンション購入で一番の不安要素といえば施工の欠陥です。
設計士による大規模な耐震性能の偽装が問題になりましたが、その後大手建設会社による欠陥工事も明らかになり、建設会社の名前だけで信頼性を図ることはできなくなってしまいました。

欠陥が潜在的なリスクとしてすべてのマンションに存在する以上、万一のリスクに備えて対策方法を知っておく必要があります。
今回は、マンションに欠陥が見つかった時の対処法について解説します。

マンションの欠陥に対する売り主側の対応には2つの方法が存在します。
一つは欠陥の解消です。

問題のある個所を修繕したり、足りないものを補充することで欠陥状態を改善し、あるべき状態に戻すことで事態の解決を目指す方法です。
キズや汚れなど軽微なものに関してはこの方法でも十分ですが、マンションの基礎にかかわる重大な欠陥の場合は、たとえ修繕されたとしても心理的な不安は残ってしまいます。

  • もう一つの方法が契約解除です。
  • 購入契約そのものを解除して代金を返済する方法ですが、売りの市側の負担が大きくなるためよほど重大な欠陥でない限り契約解除に応じるケースは少数です。

    マンション購入の緊張と感動

      マンション買いました。
      3DKの小さなマンション。

    リノベーションです。
    これは、もともと建ってた建物を改修して価格を抑えたマンションなんですね。

    うちの場合は、会社の寮を改修したマンションでした。
    会社の寮って頑丈に作られてるんで、リノベーション向きなんだそうですよ。

    値段は2200万円ほどでした。
    同じ地域の同クラスのマンションだと相場は3~400万くらい高かったんですよ。

    住み心地は、新築マンションと変わりません。
    オール電化で宅配ロッカーもあって…と装備も今風のマンションです。

    ただ、リノベーションっていいことばかりじゃないんです。
    改修っていっても限度があるんで、不自然な作りの箇所がでてきます。

    具体的には、部屋と廊下に段差があること、天井が配線の関係でデコボコしてることなどです。
    また、窓は変えられないのか、帰ると高くなるのかわかりませんが、改修前のものを使っているみたいです。

    少なくともバリアフリーな感じではないですね。
    そういった残念なこともあるんですが、やはり価格の安さは魅力です。

    そして、マンションは売る時にも特徴があります。
    新築を安く買うことができたら、今後売却する時の為に考えておきましょう。
    マンション査定相場と価格を調べて高く売るなら

    この価格帯で新築マンションというは、周辺の地域では見つかりませんでした。
    新築マンションがほしいけど、価格的に厳しい…というあなたは、リノベーションのマンションも検討してみるといいかも知れませんよ。

    自分の部屋のインテリアや内装に悩んだ

    自分の部屋のインテリアや内装に悩んだ
    私の家は二階建ての一軒家です。
    この家に引っ越してくるまでは一軒家に住んだことはなく、初めての一軒家ということでとてもワクワクしたものです。
    また私にはこれまで自分の部屋というものがありませんでした。
    しかしこの家に来て初めて自分の部屋というものを持つことができました。
    この家に引っ越してきてよかったと感じたことの一つです。
    初めての自分の部屋ですから、インテリアや内装をどうするかとても悩みました。
    快適な部屋にしたかったので、広々と使えるようにものは少なく置くことに決めてはいたのですが、まったくものがないというのはとても不便です。
    そのため一つのものでいろいろなことに応用できるものを置くことにしました。
    そのもの選びが大変苦労しました。
    何でもいいというわけではなく、その部屋にあったものにしないといけません。
    調和を乱すようなものであれば、到底快適に過ごすことはできません。
    親にもどういうものであれば応用できそうか相談したりもしました。
    しかし最終的に決めるのは自分自身なので、参考程度に留めておきました。
    とりあえず良さそうなものを置いては試していくという方針を取り、これだとピンと来るまでいろいろなものを置いていきました。
    そして最終的に部屋に置かれたインテリアは二つほどとなりました。

    自宅の子供部屋に対する配慮

    自宅の子供部屋に対する配慮
    結婚をして子供が一人生まれてから、新築の一戸建てを購入しました。
    購入する時にはいろいろと検討して決めることが多く、悩むことばかりでした。
    間取りや部屋の数について非常に悩んだのですが、特に子供部屋について難しかったです。
    購入時は子供一人の三人家族だったのですが、将来的には子供が増える可能性もあります。
    住宅が大きくなればその分値段も上がっていきます。
    そのため、最低限の部屋数を意識しました。
    子供部屋についてはどうしようか悩み、結局子供部屋は一部屋設け、後でも追加できるように間取りを工夫しました。
    夫婦の寝室を広めにとり、後で間仕切り壁を設置することでもう一部屋子供部屋を追加することもできる構造としました。
    また、子供が小さいうちは夫婦と一緒に寝て、ある程度大きくなれば夫婦の布団とは別で寝させることもできます。
    夫婦の寝室が広いので、親と子供の布団を用意することができます。
    子供が自分の部屋をほしくなったら、間仕切り壁を設置すれば良いです。
    結局マイホームを購入してしばらくしたら、子供が増えて四人家族となりました。
    子供部屋が増やせる構造にしておいてよかったと感じています。
    若いうちにマイホームを購入する時には、将来的な家族構成にも配慮が必要です。

    住んでいるマンションに鳩が2匹住んでいる。

    住んでいるマンションに鳩が2匹住んでいる。
    私達家族が住んでいるマンションは11階建てのマンションで我家はその11階に住んでいます。
    このマンションは築年数が29年のちょっと古めのマンションです。
    100世帯以上ある大きなマンションで古いのですが人気のマンションです。
    しかし、このマンションにはとにかく鳩が来るのです。
    どこの家の人達もみんなネットをベランダにはったりして鳩が来ないように色々しています。
    我家にも鳩が2匹住んでいます。
    我家は去年この家を購入しました。
    その時から既に2匹住んでいました。
    つがいの鳩だと思います。
    この鳩をなんとか追い出そうとするのですが、なかなか住み着いてしまって出て行きません。
    何度も追い払うのですが、住んで1年経ちましたが、鳩も住みかなのでしぶといです。
    最近は繁殖の季節になったのか毎朝早い時間から声がうるさいです。
    鳩の声で目が覚めてしまうといった感じです。
    なので窓を叩いたりなどしたりしているのですが、それでも効き目がありません。
    一番鳩が来て問題なのは鳩の糞です。
    鳩の糞さえなければ問題ないのですが、それがあるので問題なのです。
    糞によって臭いもしますし、病気になる事もあります。
    なのでいつも糞の掃除をしないといけません。
    夜の間にいつの間にかしているので今本当にどうしようか主人と相談中です。
    マンションは鳩に悩まされます。

    実家を売ることを検討中

    実家を売ることを検討中
    実家の両親を我が家に呼ぶことになり、今は残された実家を売ってしまおうか検討中です。
    家を売るということに対する知識が全くないので、とりあえずインターネットを使って調べてみたのですが、やはり不動産会社を探すのがその第一歩のようでした。
    それも大手や近かったりする不動産会社を適当に選ぶのではなく、とにかく複数の不動産会社に査定してもらって、そこから選択するのが成功の秘訣なのだとか。
    あちこちコンタクトを取っていくのは面倒臭いなと思っていたら、複数の不動産業者の査定を一括で受けることができる専用のサイトもあることがわかりほっとしました。
    これならばそれほど負担を感じることなく、家の査定というものに臨んでいけそうです。
    当然ですが売る家は綺麗にしておいた方がいいとのことなので、売ることが確定した次第、家の清掃に励んでいこうと思います。
    いらないものは全て出して、一通り床や壁の状態などもチェックして、お風呂場やキッチンなどはハウスクリーニングを利用して徹底的に磨き上げてもいいですね。
    昔から住んでいた思い入れのある我が家ですから、できる限り価値を認めてもらえて、気持ちよく新たな住民に引き渡せたらいいなと感じます。
    そのためには、できることは何でも取り組んでいきたいです。

    自宅の屋根裏を改造しました

    自宅の屋根裏を改造しました
    処分できない本がたくさん家の中にあふれかえっていたので、どうしたものかという話になりました。
    すでに倉庫も作られており、そこにも本や他の物がたくさん収納されています。
    困ったものだと悩む父が考え出した対処法は屋根裏スペースの利用でした。
    私も一度入ったことがありますが、屋根裏なんて梁が張ってあって、間には断熱材が詰められているだけです。
    梁の上に板を通して床にしようと考えているみたいなのですが、うまくいくものだろうかと心配して見ていました。
    ”心配して”というのは、その屋根裏につながる押入れがあるのが私の部屋だったからです。
    もし何かあれば、私の部屋に大きな被害が発生してしまうのです。
    そんな感じで始まった簡易な工事でしたが、意外とまともに出来上がりました。
    さすがは家を支えている屋台骨という所でしょうか。
    板を乗せ、そこに屋根裏でも入る小さめの棚を設置して本を並べていってもしっかり耐えてくれます。
    100冊以上本はあり、そのどれもが結構思い部類の本なのですが、全く問題ありませんでした。
    いちいち直す際に私の部屋を経由されるのは面倒極まりないのですが、家の中にあふれていた本が消えたことですっきりしたのは良かったと思います。
    地震が来ると不安になるのは間違いありませんが。

    家にもマンションも資産と評価されます

    家にもマンションも資産と評価されます
    家を購入すると、固定資産税というものがかかってきます。
    保有する資産にかかる地方税の一種で、毎年家やマンションを持っている人は、支払いをしています。
    支払いは、4回に分けることも出来ますので、一括支払いが難しい場合は、相談してみましょう。
    家賃を払って住んでいる人は、固定資産税を払う必要はありません。
    そのアパートやマンションを所有している大家さんが、固定資産税を払っています。
    固定資産税の評価額の算出は、3年に1回の経年原価率をかけて算出されているそうです。
    3年間は同じ金額を払う必要があり、3年後には多少の評価の変化があると思われます。
    家屋には価値はありませんが、土地には価値がありますからね、と言われるケースがありますが、土地を持っている限り固定資産税がなくなることはないでしょうね。
    固定資産税は、実際の家やマンションの購入価格とは、まったく関係がなく土地購入時よりも、割安になるように計算されています。
    毎年1月1日に所有している不動産の持ち主に、固定資産税が掛けられるということです。
    固定資産税に疑問がある場合は、自分の住んでいる市役所に相談すると良いでしょう。
    市役所の中の資産税課という部署に問い合わせると、問題も解決してくれるでしょう。

    マンションに暮らしてみて感じる事

    マンションに暮らしてみて感じる事
    私は現在、マンションに住んでいます。
    一戸建ての家に住んでいたこともあったのですが、マンションは都会的で快適な暮らしを楽しんだり、生活の負担を減らすためには非常に良い設備が整っていると思います。
    庭を掃除したり、家の敷地に生えてくる草を抜いたりといった作業を自分でしなくても、マンションには定期的に掃除の人が来るので自分の部屋以外の掃除はしなくても済むので助かります。
    また、最近のマンションは宅配ボックスがあるので宅配便で届いた荷物は応対しなくても受け取ることが出来たり、生ごみを好きなタイミングで出すことが出来たりします。
    マンションは防犯カメラもあってたくさんの人が集まって暮らしているので安心感がありますし、一人暮らしの女性にとっても住みやすいなと感心しています。
    ただマンションは買った後も管理費が定期的にかかることも多いですし、駐車場を借りる場合には月に一万円程度出費が増えることもあるので、マンションを買っても住むためにはどのくらいお金がかかるのか確かめておくことも大事です。
    さらに高層階であれば一戸建ての家では味わえない素晴らしい眺望を楽しむことが出来たり、蚊のような害虫はあまり自宅へ侵入してこなかったり、日当たりを他の建物に奪われなかったりするので、本当に快適な暮らしです。

    住めば都、お気に入りの我が家について

    住めば都、お気に入りの我が家について
    私が今住んでいる家は、5年ほど前に購入した新築一戸建ての注文住宅になります。
    住み始めた当初は壁に穴を開けるなどはもってのほかで、子供が床で押し車を押す事すら注意していた位、家を傷つけないように細心の注意を払っていたものですが、5年経った今では「あぁ、そんな事もしてたなぁ」レベルになってしまいました。
    今では必要であれば普通に壁に穴も開けますし。
    床のワックスも所々ハゲてきて、そろそろワックス塗り替えないとな、なんて思ったりしています。
    注文住宅で購入した家ですが、いざ住み始めてみると「ここはこうしておけば」や「ここにこれがあったら」なんて思う事は良くありますね。
    注文住宅の良さとして、間取りから何から何までこちらで検討出来る、といったものがありますが、私の場合は住宅知識に乏しかった事もあり、業者が提示してきた間取りやプランをほとんど採用したので注文住宅のメリットを十分に活かす事は出来なかったように思います。
    ただでさえ、仕事に子育てにと奔走していた当時を考えると、ゆっくり間取りやプランを検討する時間もありませんでしたから、今考えると少しもったいなかったかな、と思ったりもしています。
    でも、住めば都といった言葉もあるように細かな部分には後悔はあるものの、今ではお気に入りの我が家です。
    これからも末長く、お世話になりたいと思っています。

    投資用マンションを購入しました。

    銀行にお金を預けていても、金利が全く期待できないのが今の御時世です。
    私の親世代の時代は、銀行にお金を預けておくだけで、放っておいても金利が付いていたということです。

    それが当然だった時代が羨ましいですが、現状の日本、今後の日本でそれはほとんど期待できないのです。
    来るべき老後に備えて貯蓄を増やしたいが、消費税増税等が重なってしまい、給料が下がるのに生活費は上がっていくという状態になっています。

    出費が多く、貯金なんて夢のまた夢でした。
    そんな時に私が本屋で見つけた一冊の本があります。

    資産構築のノウハウが書かれていて、私はその中の不動産投資に興味を惹かれたのです。
    アパートを競売で買って、賃貸経営するというプランはそこで学びました。

    上手く実践できたのは、知人の不動産業者のアドバイスを受けたからだと思います。
    まさか自分が不動産物件のオーナーになるとは思いもしていませんでした。

    経営は好調なので、今後もっとアパート購入をしていきます。